債務整理

こんなお悩みはありませんか?

住宅ローンが払いきれず、違法な業者から借金をしてしまった
事業がうまく行かず倒産を考えているが、どのタイミングで行えばいいのか
破産をすると、どのようなデメリットを抱え込むのか

弁護士へ依頼するメリット

ご依頼者のライフスタイルやご希望を細かく伺った上で、もっとも適した方法をアドバイスいたします。単に債務の減殺という視点ではなく、一定の生活が続けられるようなプランを、一緒に築き上げていきましょう。

その際には、早めの相談を心がけるようにしてください。債務は、経済的な面はもちろん、心理的にも負担をかけます。普通に考えればあり得ないことでも、冷静な判断能力を失ってしまうと、自ら窮地へ足を踏み入れてしまうものです。電話一本で回避できるリスクもあります。ぜひ、お気軽にご相談ください。

債務整理の方法

債務整理には、以下に挙げる3つの方法があります。

1.任意整理
債権者と債務者の間で話し合いを持ち、新たな返済プランや返済額の減免を取り決めます。実際の交渉は弁護士が行いますが、強制力が伴わないため、債権者にもメリットとなるような条件を提示する必要があるでしょう。

2.個人再生
裁判所が認めた新たなプランを提出し、一定期間問題なく返済が続けられれば、住宅ローン以外の債務が大幅に減免されます。自宅を残したいという方にお勧めの方法です。

3.自己破産
大部分の債務が免責される代わりに、所有する財産のほとんどを失う方法で、裁判所に申し立てる必要があります。職業の一部に制限が生じますが、選挙権を失ったり、破産の事実が戸籍に記載されたりすることはありません

過払い金返還請求

借金の返済にあたり、法律で定められた利息を超えて支払った金銭は、取り戻すことが可能です。実際の金利にもよりますが、ヤミ金融に10年以上返済を続けていた場合、1社あたり50万円以上の過払いが生じている可能性があります。

これを請求するには、最後に返済した日から10年以内に請求を起こす必要があります。完済しているかどうかは問いませんので、返済途中であっても、今までの過払い金と相殺することが可能です。詳しくは、当事務所までお問い合わせください。